HOME > ビジネス・コミュニケーション・スキル診断(BCSA)とは… > 概要(背景・目的)

 

  • コンプティア CompTIA

ビジネス・コミュニケーション・スキル診断(BCSA)とは…

概要(背景・目的)

< 仕事上のコミュニケーションは「スキル」です >

仕事上のコミュニケーションは、「事業目的の達成に貢献する、自身の仕事の成果を上げる」という目的にたって行われており、その目的がないプライベートとは誰もが棲み分けをしています。つまり、仕事上のコミュニケーションは上記目的にたつ場合に使われるスキルがあり、それを理解し意識することにより、一定のパフォーマンスにつながります。いいかえますと、仕事上のコミュニケーションは、「得手不得手がある」や「性格による」と捉え苦手意識を持つ方でも、スキルを理解し意識して活用することができれば、仕事上のコミュニケーションスキルを伸ばす、変えることができると考えることができます。

 

BCSAは、仕事上のコミュニケーション・スキルを定義・明確化し、そのスキルの活用度合を診断します。


< すべての業務に共通する「軸」 >

BCSAはセールス、エンジニア、サポート、コールセンター、事務など、業種に関わらずあらゆる業務で共通するビジネス・コミュニケーションで必要な「軸」となるスキルを定義し、診断問題により、「軸」への理解度を測ります。


名刺の渡し方やお辞儀の角度だけでは、自身の仕事の成果にはつながりません。相手のニーズを把握し、予め内容を組み立てておき、失礼のない身なりで、信頼いただけるための情報を発信しながら、相手に分かりやすい構成で話を進め、臨機応変にやり取りを対応し、終了後も今後のコミュニケーションに繋がるフィードバックを行う。この一連の行動があって、初めて自身の成果につながるものであり、マナーはその一部分です。従いまして、仕事上のコミュニケーションにおける一連の流れや、そこで重要なスキルを理解しなければ、部分的に最適化を行っても効果はわずかです。
この一連の流れで求められる重要なスキルをまとめたものが、「BCSA」です。



< BCSAは自分が主体 >

仕事上のコミュニケーションを考えた場合、最終的には、自分が提供するサービスでお客様に満足を与える、お客様に商品を販売する、自分の提案で相手の問題を解決する、計画しているプロジェクトを進行させる、というように、自分が望む方向を提示し、相手から合意を得て、満足を提供していかなければなりません。

そこで必要な要素として

−自分が、相手が持つ「この人は信頼できそうだ」と感じる情報を把握し、相手に発信しているか

(=信頼性)
−自分が、相手が「この人は理解してくれている」と感じる情報を、相手に発信・受信しているか

(=共感性)
−自分が、相手から合意を得るための戦略を組んでいるか (=理論性)

が挙げられます。

< 経験をスキルとして体系化 >

「仕事上のコミュニケーション能力は「経験」で身につく」。では、どのような経験で、その能力は身についてきたのでしょう。
BCSAは、漠然とした仕事上のコミュニケーション・スキルを細分化し、様々な業務、立場で共通する、仕事上のコミュニケーションの「軸」となるスキルを定義しました。
BCSAはそのスキルを、著名な方の主張ではなく、特定の会社の文化でもない、様々な業務現場での総意でまとめています。