HOME > ビジネス・コミュニケーション・スキル診断(BCSA)とは… > BCSAが問う3つの要素

 

  • コンプティア CompTIA

ビジネス・コミュニケーション・スキル診断(BCSA)とは…

BCSAが問う3つの要素

客観的かつ簡潔に分かり易く、スキルに対する気づきや、強み・弱みを把握するため、ビジネス・コミュニケーション・スキルを3つの要素に分けています。


■理論性(Persuasion)

相手から自分の話したい内容や提案で納得を得るために、ストーリーに関しての「計画」「実施」「評価」「改善」の小さなPDCAサイクルを回すスキル。相手に合わせた一定のストーリーを立てておく、また計画し(事前の戦略)、やりとりの最中や終了後に相手からの評価を感じ取り、自己評価により今後の改善につなげるスキル。

■共感性(Empathy)

実際のやりとり(聞く、質問する、話す、またその雰囲気づくり)の開始から終了までに、相手の状況を判断しながら、予め筋道を立てていたストーリーを調整しつつ、相手と自分との心理的距離感を縮めるスキル。相手の不安を取り除いたり、その場で話の内容を調整、強化したりする行動を含む。

■信頼性(Reliability)

話を聞いてみよう、もしくは話をしてみようと相手が思うために、共通してコミュニケーションシーンを左右するものを理解し、普段から心がけるべきもの。
  • ・「エチケット」・・・身だしなみ、マナー、配慮、常識等
  • ・「準備」・・・物理的準備、内容に関する精通等
  • ・「言語」・・・言葉遣い、ワーディング、敬語等
  • ・「非言語」・・・動作、表情、話し方、抑揚、間等